時速280km違反歴の容疑者の過去が凄いけどマグロも釣れていた件

東大阪市内の自動車専用道路を時速約280キロで暴走したとして、大阪府警は5日、乗用車を運転していた府内の30代の男を道路交通法違反(速度超過)容疑で書類送検する方針を固めた。捜査関係者が明らかにした。スピード違反の検挙としては、全国で過去最高速度とみられる。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000038-mai-soci

うおー、280キロって!汗
僕は車はあまり詳しくないのですが、
車種くらいは気になるかなー
なので動画を探してみました。
何でも動画投稿サイトにこの280キロで走る動画を
アップしていた、ということのようですね。


Sponsored Link


時速280kmスピード違反の動画はある?

捜査関係者によると、男は今年1月、同市内の自動車専用道路「第2阪奈道路」で、法定速度(時速60キロ)を約220キロ上回る時速約280キロで運転した疑いが持たれている。
府警が走行中の画像を解析するなどして速度を割り出した。事故はなかった。時速280キロは、東海道新幹線の最高速度(同285キロ)とほぼ同じ。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000038-mai-soci

大阪府警が速度を割り出したみたいですけど、
これって、
スピードメーターみれば分かるということではないの???
動画に写ってたよね???
よく分からん。まあいいや。
あ、動画はありました。

事故がなかったそうで良かったけれど、
これ、動画を見てみると、他の車を追い越しているんですよね。
それだけでちょっと怖いなぁと思うんですが・・・
で、動画はコレ

ツイッターにもあった


車種はGT-Rのようです。
よく分らんけど新幹線並みの速度が出てしまうんですね、汗

この容疑者はユーチューバー?

この人ユーチューバーということなのかな?
先の動画内のアイコンをクリックしたら投稿ちゃんねるに飛びました。
(青枠で囲んだところ)

 

そこにいくつか動画がUPされていました。
ドットコム智という登録名が明記されてます。

車を数種類持っている様子。(金持ちか!?)
てか、過去にもなんか同じようなことしているんですね・・・


リンク⇒ https://www.youtube.com/channel/UCW8bRUOgl-ilhgCzf_T3COA/videos?disable_polymer=1

こういうのって、そう遠くない内にページ(↑)は消えるんですかねぇ?
ちなみに、動画に寄せられていた感想としては、

動画サイトでも紹介されてるし、もうすぐお前の家に警察来ると思うよ。

あんまり警察なめると痛めみるぞ

おもろいやん 海外の動画を見ているような気分

もしコイツの運転で自分の親や友人が事故に巻き込まれたら?
って考えたらめっちゃムカついてくる。

格好いいっすね、誰が運転してるかも分からないのに捕まるわけないですよね?

こんな感じ。
こういう動画を楽しめる人がいることは想像できるんですが、
落としたら爆発する爆弾を用いてバレーのトス回しをするような
話だと思いますよね。(なんという例え)


Sponsored Link

時を同じくして、280キロのマグロも水揚げされていた


来た 奇跡

場所は新潟県佐渡市。
時は同じく、11月5日。
300キロ近い大物の本マグロが水揚げされたというニュースが・・・笑。

市場関係者は活気に包まれました
5日朝、佐渡市に水揚げされた本マグロ。全長2.5メートル、重さ280キロの大物です。佐渡で水揚げされるマグロは、平均で30キロから40キロということで、その大物ぶりがうかがえます。

「今までで一番大きいのでは」(漁師)

佐渡市では、例年5月から7月がマグロ漁のシーズンですが、地元漁師によりますと、一時的な海水温の上昇により、網が仕掛けられた湾の中に入り込んだとみられます。季節外れのめずらしさに加えて、脂ののりも十分で、思わぬ大物に市場は活気づいていました。

本マグロは東京の豊洲市場に送られ、競りにかけられるということです。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20181105-00000061-jnn-soci

 

違反速度と同じ280キロ。
なんという偶然の一致。
神の采配
これが奇跡というものか。
世界は美しい。

おわり

関連記事とスポンサーリンク

Sponsored Link

関連記事とスポンサーリンク

Sponsored Link
社会|政治
Milliard

聖剣あじさいをフォローする
Unlimited Hydrangea Works

コメント

トップへ戻る