【恋愛】浮気や不倫に走る心理と理由!正当化し肯定を試みる投稿

Uncategorized

今の社会では浮気や不倫は非難されるけど、その非難にはどれほどの説得力があるのだろう。
不倫をした芸能人がテレビで謝罪会見をするけど、僕らは一体何を見せられてるのだろう。
浮気や不倫を白眼視し抑圧することで、社会は何を達成しようとするのだろう。

性欲が人間を浮気に向かわせる

浮気をする主体は、女性よりも男性であるケースが多いですね。
なぜなんでしょう?

男が浮気するのは、自分の種をばらまくため
(ばらまき説)

という本能起源説みたいなものが存在しますが、僕も、そういうものかなー..なんて考えてましたが、遺伝子学の観点から見ると、それは否定されるのだとか。

魚は下等生物に該当するようで、そんな下等生物は精子をばらまくんだそうです。
それに対して、人間という生物は、長い長い時間をかけて下等生物からの進化を遂げており、きちんと番い(つがい:動物の雄と雌の一組)を作り、少ない数の子供を確実に育てる方法を身につけた。

この人間の進化のプロセスが、つまり、数多くの子孫を残すというばらまき説に逆行していることから、本能起源説は否定される、ということらしいです。そういうものかなー..なんて思いますね。「育てる」ということがポイントかもしれません。子供の数が少ない方が、しっかり育てられますからね。

で、遺伝子学が説明する浮気心の正体は、「浮気遺伝子」の異名を持つ「DRD4」という遺伝子の存在なんだそうです。この「DRD4」は「冒険心の遺伝子」とも呼ばれ、これを持つ人は、刺激を求める神経伝達物質であるドーパミンを受け取る受容体が他の人よりも活発なんだとか。受容体が活発ということは、ドーパミンの分泌に敏感に反応するということであり、ドーパミン(=刺激)を求める力が強いということのようです。体のシステム内に既にチンパンジーが生息している感じですね。

そういうわけで、この「DRD4」という遺伝子が刺激を人間に求めさせるようです。ただし、この刺激が必ずしも浮気に結び付くわけではないです。刺激の獲得方法は浮気以外にも存在します。例えばギャンブル、例えばロッククライミング、という具合に。

じゃあ、それらから浮気が選択されるというのはどういうメカニズムなのか?と言ったら、単に欲望の強さがそれを選択させているにすぎないということです。性欲のことですね。

今となっては人間には繁殖欲求なんてものは存在しない、けど性欲は存在するということは両者は異なるということですね。性欲は自覚できるけど、繁殖したいという意識は自覚しませんしね。

(性欲は本能なんだろうか..?なんて僕はふと思いましたが、実際、本能という用語は多義的な言葉で、専門的にはほとんど用いられなくなっている言葉のようです)

いずれにせよ、「性欲があること」と「精子をばらまくこと」とは直結するものではないので、子孫繁栄とかそういうご立派な意味合いは浮気にはないということですね。

宇宙人
宇宙人
刺激を求める遺伝子と性欲が手を組んだら それはもうやばい

女性にもある浮気心

精子が関係ないのなら、女性の浮気もこの遺伝子「DRD4」に支配されて起こるんでしょうか?それは定かではありませんが、女性だって浮気しますね。

浮気・不倫に関するデータ(※1)を総合したところ、現在進行形で不倫している男性は26.9%、女性が16.3%にのぼった。さらに一生の間の不倫経験率は男性が74.0%、女性が29.6%。実に、男性の4人に3人、女性は10人に3人が不倫を経験していることになる。

https://president.jp/articles/-/24899

浮気は男だけでは成立しませんからね。浮気に同意する女性がいて、浮気を許す心理がなければ浮気は生じません。

浮気は打算という話

ここからは、浮気より不倫という言葉を用いた方が核心的なので、そうします。

退屈でつまらない結婚生活

不倫を肯定する理屈なんて思いつきません。一夫一妻制で規定された結婚制度に真っ向から歯向かうようなものです。「不倫するなら離婚してからやれよ」という話で終わりです。

そうは言っても、人間は感情の生き物でもあるので、不倫を正当化できる余地はありますよね。ただし、「遺伝子ガー」「ドーパミン受容体ガー」などと弁明するのは最悪です。何の共感も得られたものじゃないです。相手もキレてOKな場面でしょう。人間ならば、理性とか、せめて感情に基づいた弁明をしなければいけません。

例えば、結婚生活が、パートナーとの生活が、それはもう本当につまらないもの..だとしたら不倫もしたくなりますね。その場合「しょうがないよね」と同情を寄せる人もそれなりの数いるだろうと思います。特に、離婚したくても、相手が離婚させてくれないなんてケースだと、意地も混じって不倫に没入しそうです。

それなら結婚しなければよかったのでは?」という質問は意味ないですね。過去には戻れませんし、問題は今この瞬間にあるわけですから。

男でも女でも、抑圧されたら解放を求めます。物足りなさを感じれば、目の前にある刺激に手を伸ばします。もはや、結婚生活の価値は地に落ちている。それなら、多少痛い目を見ることがあろうとも、不倫相手との関係に生の喜びを見出すというのが合理的選択として採られても全然おかしくない。打算ですね。

マドンナ
 ミセス
浮気 それは精神的な死(退屈さ)からの逃避

不倫を非難して残るもの

人類が歴史的に構築した結婚という社会的制度を反故にするような行為に正当性はない」なんて主張して不倫者を非難するんでしょう。「道徳的じゃない」という意味でも捉えられる主張かもしれません。

たしかに、一定の納得感を感じさせる主張ではあります。社会全体、社会の理想的な在り方を思っての主張ですから、打算的なにおいは限りなく薄そうです。

でも、規範的で抽象的な主張ですよね。それに第三者的な主張でもあります。不倫者の具体的な現実が考慮されていません。もし、不倫者の「死んだような結婚生活」を目の当たりにしたら、そういう人たちも「...離婚しよ?」といったレベルまで非難の勢いを下げるのかもしれません。

不倫者をもっとも非難する人は誰かといったら、現実に不倫をされた側の人ですよね。そりゃ非難しますよ。ブチ切れですよ。怒り、恨み、不安、悲しみなどの負の感情が入り混じって、想像するだけで本当可哀想です。

でもまあ、それも打算ですよね。自分の利益が損なわれるのを防ぎたい。自尊心だったり、尊厳だったり、生活の糧だったり、色々あると思いますが。
それに「死んだような結婚生活」が現実にあったのだとしたら、不倫の原因がその人にもあったということですよね。「愛の反対は無関心」とマザーテレサは言いましたが(テレサじゃないという説あり)、二人の関係や相手に対して無関心で無自覚的であったのならば、同情心も薄まります。

そういったことを考えていると、非難している暇があったら、さっさと離婚手続きに取り掛かって、不足のない慰謝料額を相手から引き出すことに精を出した方が賢明であるように思いますね。不倫者から徹底的に、貪欲に、搾り取るべきでしょう。

結局、当事者間のスケールの問題にすぎない話なんだから、当事者間で解決を目指せばいいんですよ、不倫なんて。外野が、社会的とか道徳的とか、そういうワードを持ち出して非難するのは、的外れで無意味です。実被害を受けた人が、同じ言葉を発するのも、単に相手をやり込めるためだけの手段にすぎず、打算にすぎません。憎しみや不安がそうさせる、という意味では可哀想ですけれど。

宇宙人
宇宙人
雄弁に浮気を非難する人は バランス感覚が少し欠如しているのかも

社会は不倫を容認している?

不倫は犯罪ではないので、当然、刑罰の対象ではありません。民法には、婚姻関連の規定が存在し、離婚制度も規定されています。このことをもって、不倫が社会的に容認されていると判断するのは早計ですが、不倫を排除していると捉えることもできませんよね。

なので、不倫の是非は法律というよりも、道徳や倫理の領域で検討されるべきテーマといってよいでしょう。「不倫・・」という言葉が、既に倫理に背いちゃってますけどね。

不倫が非難される理由は、パートナーを裏切っているという点に尽きますね。実質はともかく形式的には奥さんや旦那さんを裏切っています。裏切り行為が、道徳や倫理の観点から容認されるわけはないですよね。なので、不倫が容認されているなんてことはないのでしょう。(形の上では)。

とはいえ、不倫経験者は多いですよね。想像するに、昔からこういった比率はそう変わってないんじゃないかと思いますね。人間の欲求が昔から変わらないなら、一人の人間がたかだか数十年の齢を重ねた程度で浮気性が直るなんてこともないんでしょうね。

実に、男性の4人に3人、女性は10人に3人が不倫を経験していることになる。

https://president.jp/articles/-/24899

それに、道徳意識や倫理意識も、時代の変化に伴って微妙な変化を見せていますからね。数十年前であれば、「不貞をはたらいた者は、後ろ指をさされながら、その後の人生を生きていく」なんてムードも強かったんでしょうけど、現代ではそんなムードもだいぶ薄まってます。科学的・生活的に便利な時代を迎えたことで、人間の心と体の自由度が高まったんですね。液体だったのが気体になって空間に拡散してるんですね。

もう、いい年した大人の色恋を、世間が糾弾するなんて時代じゃないということです。やってるのはテレビの中くらいです。道徳や倫理の実態はそんなところでしょう。

結婚が良い結婚であればいいのにね

結婚という選択をするのならば、パートナーとの結婚生活に殉じるのが素敵ですよね。でも、結婚自体がその理由になるのなら、なんかリスキーな気がします。結婚したから不倫はダメ、じゃなく、浮気心がもはや起きないから結婚した、というのが理想的ですよね。

でも、そんなことを言い出したら、ますます晩婚化や未婚率が上がって、少子化も進行してしまうのかもしれません。やがて人類も滅びますかね。最適解は一体どんな形なのでしょう?


広告

Uncategorized

Posted by tomo1