藤井実彦の蹴り入れ動画!何者?誰?プロフ・経歴などを調べてみる!

社会|時事


複数の保守系の民間団体でつくる慰安婦の真実国民運動の藤井実彦氏が、
台南(台湾)で党部主委と慰安婦資料問題について討論した後、
慰安婦銅像に蹴りを入れる!?

まじか…
というか藤井実彦って誰だろ。何してる人なんだろ。
ネトウヨ?活動家?多分あってると思うんだけど調べてみよう!

藤井実彦氏とは


引用元:藤井実彦氏のツイッターより

こんな活動をしている

組織概要
論破プロジェクト 代表 : 藤井 実彦 (Mitsuhiko Fujii)
設立: 2013年8月14日

目的
All Japanで、正しい日本の歴史を世界に伝えるプロジェクト。

日本をおとしめる自虐史観や、嘘と誤解に満ちた歴史観を払拭することが目的です!

設立経緯
設立経緯は、2013年8月14日のヤフーニュースを代表の藤井が見たことでした。

フランスのアングレーム漫画祭に韓国政府が50本の慰安婦漫画を展示するという暴挙に、経営者としての仕事を捨ててでも、対抗する必要があると考えました。

そこでまずは短期戦としてアングレームの国際漫画フェスティバルに、韓国の慰安婦漫画に対抗する漫画を制作し、出品する。

さらに1月に行われる展示会のブースに、韓国が50本の漫画を出展するならば、日本からは100本を目標に出展し、日本の正当性を訴える。

ここが出発点でした。このプロジェクトに多くの方がご参加くださり、漫画も最終的には77本集まりました。

そしてテキサス親父さんことトニー・マラーノ氏とテキサス親父事務局の藤木俊一氏にもサポートをいただき、アングレームに赴きました。

すると、準備段階で漫画祭主催者から展示ブースを強制的に撤去され、韓国政府に対抗することもできず、参加も叶いませんでした。

このことが日本のテレビや新聞で大きく報道され、菅官房長官のコメントでも取り上げられました。韓国政府の海外でのプロパガンダによる横暴は日本人の大きく知られるところとなりました。

今回の計画自体は個人の領域で行ったことでしたが、海外でどれだけ日本に不利なプロパガンダ戦が繰り広げられていたかを改めて知る良い機会になったのでした。

そこでそのまま論破プロジェクトを終了させるのではなく、より積極的に海外プロパガンダ戦を戦うことが必要であると判断し、継続的に行動することを決めたのでした。

引用元:rom-pa.com

活動家なんですね。個人的に同意できるところはあります。

 

現在進行中のプロジェクトも含めると、下記のようになります。
テキサス★ナイト2014の開催(ゲスト:テキサス親父・百田尚樹氏・藤岡信勝氏・吉木誉絵氏・KAZUYA氏・加瀬英明氏
引用元:rom-pa.com

なるほどなるほど。
藤井氏のマインドがなんとなーく(モロに?)感じられる面子ですね。

なんとなくこのニュースは記憶にあるかも

ヨーロッパ最大級の漫画祭と言われる、仏・アングレーム国際漫画祭(主催・アングレーム市)の開幕を翌日に控えた1月29日、準備に追われる会場の一角に緊張が走った。「慰安婦の強制連行はなかった」などの史実を伝える漫画77点をたずさえて日本から参加した、市民団体「論破プロジェクト」(藤井実彦代表)のブースが、突然、主催者によって閉鎖され、作品も撤去されたのだ。

引用元:the-liberty.com

2014年1月のニュースですね。当時何かで耳にした気がします。
これ、純然な漫画たるフィクションストーリーで盛り上がるイベントと
思ってた中で、日本人による政治的な行為が行われたってことで、
結構ビックリしたのですが。。。

メディアでの報道は大したことなかったかも。

調べてみたら、
こんな漫画を出展してたみたいですね↓


引用元:blogs.yahoo.co.jp

ちなみにこのイベントでは韓国サイドも同じような
政治的活動を行っていたらしいっす。

さらに・・・

た、マイナスイメージな

※杉田水脈衆議院議員は、先日「LGBTは生産性がない」旨の発言をし、
糾弾されました。

 

汗でますね

 

引用元:togetter.com

よい噂、現状なし

幸福の科学

仏・アングレーム国際漫画祭で従軍慰安婦問題をめぐる日本側の展示が中止に追い込まれた問題で、日本側団体「論破プロジェクト」の藤井実彦代表が、幸福の科学の信者であることがわかりました。明日2月6日発売の『週刊新潮』が報じています。

引用元:dailycult.blogspot.com

週刊新潮ですけど、これは事実みたいですね。
幸福の科学が何かについては、興味ないのでイメージでしか僕は認識してないです。
そのイメージは、

ヒミツ!

動画はこれかな


あ、これ蹴ってないよ!
蹴るフリだよ!

 

そういう問題ではないか。笑
まあでも、実際に蹴るよりはマシではないだろうか。
あまり差はないと思うけど。

慰安婦像を見つめる台湾の馬英九前総統
引用元:www.zakzak.co.jp

ツイッターの声

まあ何だか、行為の内容的には昨今よくあるタイプのものですよね。
ただ、今回はちょっと直接的だし、それよりも規模・状況
安易に語れるものではないようです。

 

まじで、どうなるんだろ。。。

おわり

関連記事とスポンサーリンク

Sponsored Link

関連記事とスポンサーリンク

Sponsored Link
社会|時事
聖剣あじさいをフォローする
あじさい情報局

コメント