お酒の席でのしゃっくりの止め方!胃腸が苦しい!タバコがきっかけ…?

健康|アトピー

2019年も、10月にさしかかろうとしている昨今。
今年も、もう終わりますね。年末、…忘年会シーズンの到来です。
気が早いですか?そうですか。

 

酒だ酒だ酒だ酒だ 酒が飲めるぞー\( ‘ω’)/♪♪♪

 

お酒は僕もぼちぼち好きです。
もっとも、友達は少ないし、職場もそういう職場ではないので、飲み会の数が激増するなんてことはないですが。


Sponsored Link


お酒でしゃっくり!たばこでしゃっくり!胃腸どうなってんの?

ふと思ったんですけど、僕は飲み屋でお酒を飲むと、胃腸が重くなりやすいんですよ。
で、その状態で喫煙なんかすると、しゃっくりが出だして何だか困ります。しゃっくりは「2,3回出たら終了」といった類のものではないですからねぇ。

 

女の子とお酒飲みに行って、しゃっくりモードに突入なんてしたら、ちょっと格好悪いよなーなんて思います。クリスマスとか、どこぞの美女とデートしてるかも分かりませんからね。しゃっくりの恐怖があると、キスのタイミングも計れないですし、キメ顔でキメ台詞を吐くことも難しい。女性とのデートなんて数年単位でしていないので、何を話せばいいかも分からない。(キスどころじゃねー)

 

なにより、好きなお酒も胃腸に入りづらくなりますし、美味しい食事も入りづらい。

 

それって最悪やで

 

というか単純に体調的にも苦しい。気分よく美味しくお酒(の席)は楽しみたい。

なんで、しゃっくりは出るの?

 

老化じゃね?

 

それっぽい答えを想像して、問題を放置するのは悪い癖。あなたも同じ癖があるのなら直した方がきっといいよ(‘∀`)b

僕が居酒屋などで、しゃっくる状況を顧みると、

1. 最初のビールが効いている
2. 2杯目もビールを飲むことが効いている
3. ハイボールなんかも同じじゃね?炭酸だし。

ということが思い当たる。

 

意味の薄いビールの飲み方は止めようかなと思いますよね。
気持ちは若くとも、もう、いい年齢だし、ビール党ってわけでもなし。
ウーロン杯とか、日本酒にがっつりシフトしようよ。ね。

 

横隔膜の痙攣がしゃっくりの原因なんだって

ウェブメディア 新R25 の記事によると、横隔膜の痙攣がしゃっくり発生の主な原因のようですね。
より詳しくは、しゃっくりの経路というものが存在するようで、その経路内の部位が刺激されることでしゃっくりが発生するんですって。

頭のてっぺんからいうと、まずは脳の一部である「延髄」という組織。そして喉にある「声門(左右の声帯のすき間)」や「鼻咽腔」、あとは肺に接している「横隔膜」ですね。

 

横隔膜の痙攣を生じさせる行為というものがいくつかあるらしいです。
下記のようなものが紹介されていました。

  • 炭酸飲料
  • 冷たいもの
  • 熱いもの
  • 早食い

記事を読んだところでは、冷たいものでも熱いものでも、「急に飲む」という行為が、結構な要因である…そのように読めました。

 

たばこの煙も肺にとって、結構な刺激でしょうからね。
冷たいビールなどを浴びて、

「しゃっくりてぇ…っ!!」

となっている横隔膜のスイッチをONにするようなもんなのでしょう。
横隔膜を直接手で掴んで、痙攣を止めてやりたいものです。


Sponsored Link

しゃっくりの止め方について

  • びっくりさせる
  • 水を飲む
  • 息を止める
  • 耳の穴に指を入れる
  • 舌を引っ張る

以上の手法がインターネット上では主に紹介されていますね。

上3つの手法は、個人的に興味が湧かない。
多分、過去にやったことがあると思うんだけど、成功したという記憶がないので、成功しなかったんだろうな。
逆に、下2つは初めて目にした手法なので、試してみたくなります。手間もかかるものではないし。

 

これらの手法は、程度の差こそあれ、横隔膜の痙攣を止めるために有用ではあるようです。
上述した「しゃっくりの経路」に何らかの刺激を与えることが、しゃっくりを止めるために有効なんですって。

 

ところで、上述のしゃっくりの経路には、「鼻咽腔」というものが含まれています。
僕は鼻の粘膜が弱いんですよね。くしゃみをし出すと止まらない時があります。

横隔膜の痙攣(しゃっくり)との関係があったりするのかなー?

なんて少し気になります。
鼻粘膜を強化する方法を存知の方は教えてくれたら嬉しいです。

 

何はともあれ、(万が一)女性とお酒を飲みに行って、しゃっくりが発生してしまった時(ピンチ)は、相手の女性にこう言えばいいと思います。

 

君の唇で僕の舌を引っ張ってくれないかい?

 

女性が男性に言うのも有りでしょう。

関連記事とスポンサーリンク

Sponsored Link

関連記事とスポンサーリンク

Sponsored Link
健康|アトピー
聖剣あじさいをフォローする
あじさい情報局

コメント