インフルエンザに引きこもりは感染しない説!潜伏期間に注意!

社会|時事

平成に幕が下りる2019年。

新年が始まり、例によって、インフルエンザがデカい顔をし始めました。

 

僕と言えば、最近は引きこもって作業をしているのですが、昨夜から頭痛がしています。

 

ぼぼぼぼぼっ!ぼくががインフルエンザ!?
ないないないないない!
だって、誰とも接触してない引きこもりだし

( ˙-˙ )真顔

 


Sponsored Link


インフルエンザの感染経路

僕の頭痛の実際はどうなの?

という疑惑を解消するとともに、これを機会にインフルエンザについて調べてみよう!

飛沫感染

感染者のくしゃみや咳によって空中を飛散してきた粒子が、あなたの体に着地。

ウイルス粒子は比較的大きいため、飛べる距離は1~2m。
だから、自分を中心とした半径1~2m以内に人間を進入させなければ、ウイルスの侵入を防げる。

 

マスクをすればその確率もグーンとアップ。
ただし、目から感染することもあるらしい。

 

目!?

 

少しエグイ気もしますが、口や鼻と同じで、目にも粘膜が存在しますからね。
粘膜が入口なんです。
言うても、目だろうが口だろうが、他人の発した粒子に違いはないのだから、エグさは同じかもしれません。

接触感染

ウイルスの付着した手で、目や鼻、口などに触れることにより、粘膜からウイルスが侵入。

 

日中、外部からの脅威を防ぎきり安心するのも束の間。
疲れて帰宅後に、
マスクを外して目を擦ったら感染。
鼻をほじったら感染。
喉に手を突っ込んでも感染。
(漏れなく嘔吐も付いてくる?逆に嘔吐することで、ウイルスが洗い流れるかもしれないね!)

 

いずれにせよ、

「裏切り者は身内にいた!しかもなんと、犯人は最愛の家臣と信じていたあたなの右手!左手でもOK!」

そんなショッキングな展開がインフルエンザでもありえるということ。

だから、手を洗いましょう。
泡で洗ってあげれば、手に付着し凶器に変えた憎きウイルスも消え去り、従順だったあの頃の手も帰ってきます。


Sponsored Link

潜伏期間

感染が成立すると、1~4日程度の潜伏期間の後に発症します。
出典:https://medicalnote.jp/diseases/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6A%E5%9E%8B

感染成立!
インフルエンザウイルスとの契約成立!(涙目)

ちなみに、発熱した場合、期間は1~5日ほどであること多いようです。

僕はインフルエンザではない

以上のことから考えると、僕の頭痛はインフルエンザではないというのが濃厚になる。
4日くらい誰とも接触してませんから(えっへん)。

 

よかった。

インフルエンザでないことを知れたとともに、インフルエンザの予防策も再確認できた。
素晴らしい。
この謎の頭痛。

 

世の中の頭痛を患っている引きこもり同志も、僕と同じような事情があるなら安心して欲しい。

インフルエンザに注意しよう

──インフルエンザ・ウイルスは普段、どこにいるのでしょうか。夏はほとんど流行せず、冬だけ流行るのも不思議です。

石:普段はシベリアやアラスカ、カナダなどの北極圏の近くで、凍り付いた湖や沼の中にじっと潜んでいます。春になって渡り鳥のカモやガンなどの水鳥が繁殖のために戻ってくると、ウイルスは水鳥の体内に潜り込んで腸管で増殖します。
渡り鳥は年に二回、繁殖地と越冬地の移動の途中でふんといっしょにウイルスをばらまきます。
出典:https://kadobun.jp/interview/80/0b716ade?per_page=9

渡り鳥がウイルスを運んでいるらしいです。

やつらの移動には季節性があるため、日本におけるインフルエンザの流行にも季節性があるということですね。

 

実際は、渡り鳥から豚にウイルスが移り、豚の中で人に感染する型が作られるという話。
そして、その中心地とされているのが中国らしい。

中国南部では、アヒルやガチョウが豚といっしょに飼われていることが多いというのがその理由。
過去100年間の世界的流行の起源も中国南部にあると考えられているようです。

 

・・・

今シーズン、既に感染してしまった方は、どうぞお大事にされてください。
また、幸いまだ感染に至ってない人は、
1~2mというインフルエンザウイルスの飛散距離と、本当の敵は身内にいることもある(特に手に注意!)ということを覚えておきましょう。

マスクと手洗い必須です

関連記事とスポンサーリンク

Sponsored Link

関連記事とスポンサーリンク

Sponsored Link
社会|時事
Milliard

聖剣あじさいをフォローする
あじさい情報局

コメント