イスマエル・サラスの実績!井岡・村田・亀田(知)選手のセコンドも?

ボクシングで井岡選手や、村田選手、亀田和樹選手のセコンドを
している(または、過去にしていた)イスマエル・サラス氏。
実績やコーチング、トレーニングに優れているんだろうな。
いわゆる、名伯楽ってやつか。

井上尚弥選手ともいつか組んだりするんだろうか (゚A゚ )
育てたチャンピオンについてザックリ調べてみました。


Sponsored Link

イスマエル・サラス氏の基本情報


引用元:www.ringtv.com

  • イスマエル・サラス(Ismael Salas)
  • 現在までに19人の世界チャンピオンを育てる
  • 1957年6月17日(61歳)、グアンタナモ(キューバ)生まれ
  • 6人兄弟
  • 21歳でボクサーからコーチへ転向。

タイに活動拠点を移した時期には、プロの世界チャンピオン6人を輩出し、
1996年にWBAトレーナーオブザイヤーに選ばれました。
また、タイのアマチュアボクシングにも積極的に関わり、
結果、タイはオリンピックの金メダルを2本GETします。

2003年のバンコク世界選手権では、サラス氏のボクサーであるソムジット・ジョンジョホール
が準々決勝でユリオルキス・ガンボア(キューバ)を怒らせ(何かしらのセコイ手段?)。
その結果タイが金メダルを得ます。

一方で、サラス氏はこの件に罪悪感を持っていた様子。
なぜって、先のセコセコ攻撃はサラス氏の指示だったようで、
しかも、サラス氏は過去にガンボア選手の親父さんのトレーナー経験があり、
ガンボア選手のこともよく知っていたから。

なので、ガンボア選手に、
「私が指示を出した。すまなかった。」と謝罪したそうな。

その後、ガンボア選手はキューバから亡命し、ドイツに行きます。
そして、サラス氏にガンボア選手から電話がかかり、
一緒に仕事をすることになったとのこと。

サラス氏が振り返るファイター達

GOOGLE翻訳かけてますので不自然な日本語となりますが、
柔軟に解釈していただけたら幸いです!

BEST JAB (ジャブ)

ダニー・グリーン(Danny Green)
引用元:wikipedia
生年月日:1973年3月9日 (45歳)
国籍:オーストラリア
身長/体重:185 cm / 89 kg
階級:クルーザー級、スーパーミドル級、ライトヘビー級
ダニエル”ダニー”トーマス・グリーンは、オーストラリアのプロボクサー。元WBA世界ライトヘビー級王者であり、元WBC世界スーパーミドル級暫定王者。世界2階級制覇王者。気性が荒く、破壊力のあるパンチを持つ突貫ファイター。「Green Machine」の異名を持つ。

サラス氏コメント:グリーンのジャブはとても強力だった。私はポールマードックとの彼の戦いの一つで覚えている、彼は1つの強いジャブでマードックを落とした。

グローブちっさ!汗 殴られたらTHE・END (ヾノ・ω・`)

最良の防御

ギレルモ・リゴンドウ(Guillermo Rigondeaux Ortiz)
引用元:wikipedia
生年月日:1980年9月30日 (37歳)
国籍:キューバ
身長:164 cm
階級:スーパーフェザー級、スーパーバンタム級
ギレルモ・リゴンドウは、キューバのプロボクサー。元WBA・WBO世界スーパーバンタム級スーパー王者。

サラス氏コメント:私にとって最良の防御はリゴンドウです。彼は防衛とカウンターの間のすべての調整を最大限にする。・・・防御には3つの種類があります。一つは足で、もう一つは身体で、もう一つは頭で。Rigondeauxは、彼の上半身を通して、足を通して相手をコントロールするための防御力を最大限に引き出します。

最後のカウンターワンツー半端ない!大迫半端ない!

最速の手

ユリオルキス・ガンボア(Yuriorkis Gamboa)
引用元:wikipedia
生年月日:1981年12月23日 (36歳)
出身地:キューバ
身長/体重:166 cm / 58 kg
階級:スーパーフェザー級、ライト級、フェザー級
ユリオルキス・ガンボア・トレダーノは、キューバのプロボクサー。グアンタナモ出身。元WBA・IBF世界フェザー級スーパー王者。元WBA世界スーパーフェザー級暫定王者。元WBA世界ライト級暫定王者。アテネオリンピックフライ級金メダリスト。
サラス氏コメント:彼はとても爆発的でした。ガンボアと仕事をしたときに起こった面白いことです。彼は非常に痛い腕を持っていた。彼の体はたくさんの筋肉のために構造化されているので、彼は手を下ろします。多くの人がガンボアを誤解しています。彼らは彼の手を高く保つことができないと思うが、彼の体の構造のためだ。多くの筋肉を持つ短い腕。

まーまー速い。見えないくらい。

BEST CHIN(アゴ ※打たれ強さ)

セーン・ソープルンチット(Saen Sor Ploenchit)
引用元:wikipedia
生年月日:1972年5月18日
国籍:タイ
戦績:47戦44勝(14KO)3敗
獲得タイトル:第62代WBA世界フライ級王座
サラス氏コメント:非常に、とても良いあご; それは岩のようです。彼はWBAのフライ級チャンピオンだった。彼はベネズエラのDavid Grimanからタイトルを獲得したときを含む、9つの防衛の中で6人の世界チャンピオンを打ちました。彼は私が持っていた最も皮なものですが、彼は一番強い顎でした。彼はとてもタフで強かった。彼はパンチをたくさん持っていたので、今はちょっとパンチ酔っている。良い顎を持つのは良いことですが、終わりには、戦闘員ではなく、セカンドライフで、(問題になる)問題になります。
井岡一翔選手の叔父にあたる井岡弘樹氏との動画がありましたが、
画質が悪かったのと、顎の強さを主張できるものではなかったため割愛です。

Sponsored Link

SMARTEST (蝶のように舞い、的な)

ギレルモ・リゴンドウ(Guillermo Rigondeaux Ortiz)
※2回目の登場
引用元:wikipedia

サラス氏コメント: リゴンドウとリナレスは本当にスマートです。リゴンドウはとてもスマートなので、誰にでも当てることができます。リナレスは優秀な(ボックス)人の一種です。ボクシングとは何ですか?良い攻撃と良い防御。もし私がそれを選ぶ必要があったなら、それはリゴンドウだろう。

最強

ダオルン・チュワタナ(Daorung Chuwatana)
引用元:boxrec.com
生年月日:1969年4月1日 (49歳)
出身地:タイ
階級:バンタム級
ダオルン・チュワタナは、タイの元男子プロボクサー。ウッタラディット県出身。
元WBA世界バンタム級王者。
サラス氏コメント: 彼はバンタム級チャンピオンでした。彼はとてもタフで強かった。誰にでも簡単にプッシュできる。どんなヘビー級もボクシングでは激しい打撃を受けるだけでなく、打ち抜き力があるので、彼の力で落ちる可能性があります。彼の調整は非常に悪かったが、実際の戦いでは、ああ私の神、彼は非常に強かった。
この動画に関しては最強感はイマイチ。後半の方が画質は良いです。

ベストパンチャー

ユリオルキス・ガンボア    ダニー・グリーン
※2回目の登場
 
サラス氏コメントガンボア。彼はワンパンチKOパワーを持っていた。私にとってボクシングは芸術です、それはスキルがいっぱいです。あなたはガンボア(彼がホルヘ・ソリスを止めたとき)のベストを見る。彼がノックアウトをした方法は、芸術作品のようだった。彼はノックアウトを作った、それは行くとヒットしないとKOは何らかの理由で来る。
ダニー・グリーン、私は彼を含める必要があります。私は、アマチュアからの常時(最高)の1つがFelix Savonだと思います。3倍のオリンピック金メダリスト。私は(また持っていた)Pichit Sithbanprachan、フライ級IBFチャンピオン。
ガンボアVSホルヘ・ソリス
フェリックス・サボン(Felix Savon)
引用元:wikipedia
生年月日:1967年9月22日 (50歳)
出身地:キューバ
身長/体重:195.6 cm / 91 kg
階級:ヘビー級
フェリックス・サボン・ファブレは、キューバのヘビー級のボクサー。アマチュアボクシングで活躍し、キューバ代表としてバルセロナ・アトランタ・シドニーオリンピックに出場し、3大会連続で金メダルを獲得した。身長198cm。
ピチット・シスパンプラチャン(Pichit Sithbanprachan)
引用元:wikipedia
生年月日:1966年1月15日 (52歳)
身長:161 cm
出身地:タイ
階級:フライ級
ピチット・シスパンプラチャンは、タイの元男子プロボクサー。チャイヤプーム県出身。第11代IBF世界フライ級王者。ワンソンチャイ・ボクシング・プロモーションズ所属。実弟のピチット・チョーシリワットもWBA世界ライトフライ級王者を経験した。

ボクシングスキル

ギレルモ・リゴンドウ(Guillermo Rigondeaux Ortiz)
※3回目の登場
引用元:wikipedia
サラス氏コメント:最高の最高、ギレルモ・リゴンドウ。彼はすべてのボクシングについてです。彼は優秀だ。残念ながら、彼は多くのハンディキャップを抱えていました。1つは、もともとはキューバ出身です。2、彼の体重クラス。
え?どういう意味?って方もいると思いますので、
軽く解説しますと、キューバはアメリカとしばらく外交がなかった国ですよね。
リゴンドウはキューバから亡命したことでキューバ革命の闘士であった父親からは勘当され、ハバナに残してきた妻と子供は24時間体制でキューバ政府の監視下に置かれることになった
引用元:wikipedia
僕もキューバ情勢に関して詳しい知識はありませんが、
亡命したことで色々難儀なことがあるようです。

トータルベスト

ホルヘリナレス
引用元:wikipedia
生年月日:1985年8月22日 (33歳)
出身地:ベネズエラ
身長:172.7 cm
階級:フェザー級、スーパーバンタム級
ホルヘ・リナレスは、ベネズエラのプロボクサー。バリナス出身。元WBC世界フェザー級王者。元WBA世界スーパーフェザー級王者。元WBC世界ライト級王者。元WBA世界ライト級王者。世界3階級制覇王者。
サラス氏コメント:リナレス=ボクシングです:攻撃、防衛とカウンター。彼がヒットすると、あなたはそれを感じるでしょう。・・・私は120以上の世界タイトル戦を行い、リナレスとの最後の戦いは私がコーナーで言わなかった(最初の)ものでした。それは完璧なパフォーマンスでした。彼はノックアウトしたくない(アンソニー)Crolla; 彼は親切でした。それは傑作だった。彼が第7ラウンドでCrollaを落としたとき、彼は行く準備ができていたが、彼は戻ってきたので、私は彼にそれをさせた。私は決してプッシュしたくない。私はファイターにが何をすべきかを伝えるが、戦うのは彼等である。私は彼らの決定を尊重する。

サラス・トリビア

奥さんは日本人


出会いは日本!名前はことみさん!サラス氏には前妻との間にも3人の子がいる!

車はベンツ

ミット持ちが上手い


上手いの当たり前だし

おわり

コメント

トップへ戻る