【岩手医大裁判】寄付金支払いは一般的常識?留年で返還無しは闇!

社会|時事

庶民の僕からしたら、色んな意味で、

えーっ!?

と驚きを禁じ得ないニュース。

医大って寄付金を支払うことが暗黙の義務なの!?
えっ、それを理由に進級の如何が決まることもあるの???


Sponsored Link


卒業までに必要な『医大の学費』を知らべてみた

岩手医大に十分な寄付をしたのに次女が落第したとして、北海道苫小牧市の父親が大学に寄付金計3000万円の返還を求める訴訟を盛岡地裁に起こして21日、第1回口頭弁論が開かれた。大学側は全面的に争う姿勢を示し、請求棄却を求めた。
出典:https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201811/20181122_33037.html

医大において、寄付金の支払いが当然の如く(義務であるかの如く?)
存在していることにまず驚きました。

いや、僕のような単純な人間は、
例え生家が貧乏であっても、
努力次第で医者になることは可能と思っていましたので・・・。

いや、可能でしょ。国立医大に行けばいいんだから。
国立だと、6年間で、およそ350万円の学費と言われているようですね。

一方で、私立医大の学費はというと、

私立大学医学部の学費(卒業までの総額)
昭和大学Ⅰ正規………20,000,000+寮費
慶應義塾大学…………20,515,800概算
順天堂大学……………20,900,000+寮費
東京慈恵会医科大……22,500,000
関西医科大学地域枠…24,000,000
昭和大学Ⅰ補欠Ⅱ……26,500,000+寮費
日本医科大学…………28,130,000
東京医科大学…………29,956,200
関西医科大学…………30,140,000
大阪医科大学…………31,410,000
東邦大学………………31,800,000
久留米医科大学………32,378,000
東京女子医科大学……32,840,000
日本大学………………33,100,000
岩手医大………………34,000,000+寮費
聖マリアンナ大学……34,400,000
近畿大学………………35,800,000
藤田保健衛生大学……36,500,000
獨協医科大学…………36,600,000
杏林大学………………37,551,400
福岡大学………………37,707,220
愛知医科大学…………38,000,000
埼玉医科大学…………38,000,000
兵庫医科大学…………38,800,000
北里大学………………38,900,000
金沢医科大学…………39,500,000
東海大学………………41,846,000
川崎医科大学…………45,650,000
帝京大学………………49,204,200
出典:https://www.inter-edu.com/forum/read.php?23,2462406

そうなんだ。
選ばれし者専用ですね。

ん。岩手医大が書いてないな。
ホームページに入学時の

出典:http://www.iwate-med.ac.jp/education/entrance/med/fee/

学費のみで3400万円。
これに、さらに寄付金が・・・

2010年5月に1000万円、11年5月に1000万円の計2000万円を寄付する旨の寄付金申込書を大学に送った。最初の1000万円は期日通りに寄付したが、2回目の1000万円は予定日を過ぎても振り込まなかったため、大学側から「寄付は分割払いでもいいから払ってほしい」と言われ、半年遅れの11年11月に1000万円を振り込んだ。さらに、男性は女子学生の留年が決定してから、慌てて15年3月に1000万円を振り込んだが、留年決定は覆らなかった。
出典:http://www.medical-confidential.com/2017/06/17/post-4957/

この原告の方に関しては、3000万を払ったみたい。
学費と足したら6400万円なり~

岩手医大裁判に至る経緯

話は戻りますが、

原告の次女が、5年生だった2014年度末の進級試験で落第

大学が「成績が悪かったのではなく、寄付金の振り込みが遅れたからだ」と指摘

原告が大学に1000万円を送金

大学、進級認めず
このような経緯となっているようです。
赤字部分が今回の要所でしょうか?

岩手医大の代理人弁護士は河北新報社の取材に「寄付金は受け取っているが返還には合意しておらず、返還義務もない。全面的に争う」と話した。
出典:https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201811/20181122_33037.html

もらったものは返しまへんっ!! みたいな


Sponsored Link

背景情報

http://www.medical-confidential.com/2017/06/17/post-4957/
によると、

この女子学生(原告次女)より成績が下位の順位の学生(8人)や、科目試験25科目のうち20科目を落とし、総合試験3科目を落とした学生が進級している

「〇〇ちゃん(編集部注:女子学生の実名)の実力とかの問題じゃなくて、全て寄付金だよ。うちの親は小林(同:当時の医学部長・小林誠一郎氏)達との話で〇〇ちゃんのこと確信したってさ。ターゲットにされちゃったんだよ。卒試前にうちも入れる絶対に」と書かれていた。「寄付金の納付が遅れると、進級に関わる」ことを示すための“見せしめ”だったのではないか、というのだ。

などと伝えられていますね。

見せしめですか…。

怖っ><

たまーに、『見せしめ』というフレーズは、
ニュースでも何でも耳にしますが、
それを受けた個人は悲惨であることこの上ないですよね。

ただ、そういうケースでは、

被害者もグレイゾーン上に居ることは居た

という場合が多いので、僕などは『可愛そうに・・・』程度にしか
思わなかったりもします。
今回のケースは、原告側はホワイトに思えますので、
俄然裁判の結果に興味が湧きますね。

寄付金など払わなければよかったのでは?

落第に関して、大学側の発言で、
成績が悪かったのではなく、寄付金の振り込みが遅れたからだ
というコメントがあったようですが、

寄付金を払えば、事後的でも進級が認められる
とまでは言ってないので、

なぜ支払った?
などと思えなくもないですが、
娘さんを思う気持ちと寄付金という闇が支払いを促したのかなと思います。

大学からの暗示的な呼びかけ(寄付金を払えば…)ともとれる内容を
含んだやり取りがあったんだろうと想像してしまいます。

また、学生の親の財産状況を加味して、
大学は寄付金(要求)の審判にかけたりするんだろうか?とも。

 

男性は次のように話す。「小笠原氏と電話で話した時、勝手に答案をいじって循環器内科の試験の点数を上げたり、職務権限を越える不法なことをやっていたりしている実態を本人が認めていた。また、学生達も掲示板で指摘しており、公平さの担保が全くなされていない実状が浮かび上がっている。進級する際にお金を取るという、学生や父兄を食い物にした行為は、この大学のOBや教員を愚弄するものであり、決して許されるものではない。大学が腐敗した状況から脱却して、健全な発展を遂げることを切に望む」。
出典:http://www.medical-confidential.com/2017/06/17/post-4957/

寄付金支払いは常識?

今回の岩手医大の件とは、直接関係ないですが、
医大の寄付金を巡る人々情報を集めてみました。
『私立医大の任意の寄付金』(https://www.inter-edu.com/forum/read.php?23,2462406,page=2)という掲示板からの抜粋です。

 

とはいえ入学式後の保護者説明会で寄付金のお話になった時には、今日は逃げられないかも…と不安になりました。が、
「保護者の皆様には、一口300万からお願いしております!」
と言われた瞬間、逆にホッとしました。だって絶対に無理ですから…。入学金や授業料は覚悟していましたがそれ以上はさすがに…。

寄付しなかったことが自慢になるのかな。
別に寄付しても全く自慢にならないけれど、学校側はそりゃ必至だよ。
だってお医者さん育成するのってかなりお金かかるもの。
私立医大の運営事情もわからず、自分のサイフみて軽口たたくのって、軽薄だよ。

寄付金は入学された時点で納めるのではなく、
翌年度以降に納めますと、寄付控除で確定申告出来ます。

我が家も、どの程度強制的に寄付を迫られるか、入学まで非常に不安で、想定問答まで考えましたが、事実は想定と異なり、まったく強制はありません。

たかが数百万単位の寄付金でうろたえるレベルなら
私立医大に入る資格なんか無いんですよ。 分不相応ってやつです。
裕福じゃないのなら、お金で頑張れないのなら、 頭脳で頑張って国公立に行けばいいだけのこと。

私立の医科大学はそもそもどこも経営が苦しいんです。本来は入学金を上げればいいのですが、そうもいかず寄付金というかたちをとってるんです。

留年費は都市伝説でしょう。
しかし、傾向として、偏差値の低めの医学部の留年率が高いことは事実です。
(必ずしもきれいな相関ではないようですが)
国家試験合格率は医学部にとって切実な問題ですので、学生の尻を叩きつづけないとならない、ということはあるのだろうと思います。

そんなにお金を出してまで医者になる価値があるのかどうか悩むところがあるが、要領が悪くて、まじめで勉強しても成績がよくならずに、それでも努力している我が息子をみると、何とかしてやりたいと思う。寄付金も進んでしてやろうと思う。開業医の息子でもみんなが放蕩息子ではない。

 

大学側に同情的な意見もチラホラ。
寄付金は一般的な制度のように感じられます。

慶応大学のように総合大学になるとわかりにくいです。
私立医科単科大学を見ると寄付金8~9億円程度有ります
これは当然、製薬医会社や地元企業、患者さん等からの寄付金を含みます
だから入学時に学生からいくら寄付金が集まったかわかりません。
大学も曖昧にしてます。
推測する方法は有ります。
学生から寄付金を徴収しない国公立医科単科大学の寄付金を
見ると2億円程度です。
つまり6~7億円が学生からの寄付金、一人当たり平均500万円と
推測できます
もう任意のレベル超えてますね。
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10199392825

これは知恵袋の回答者様の答えですが、
一人当たり平均500万円とありますね。
これと比較すると、岩手医大はすごいなと感じます。

ひとり言

原告の男性は詐欺罪などでの刑事告訴も検討しているようですね。

以下、個人意見ですが、
寄付金という言葉を使うなら任意の不払い
真の意味で認めるべきですよ。

寄付金と進級の可否が無関係と言うなら、
それが明確となる制度を設けるべきですよ。

一定のところまでは公表しないと、
何か裏があるな?
と勘繰られてもしょうがないですよね。
その公表する・しないを絶妙なさじ加減で操れるのが一流ってやつでしょう。

裏に隠している内部事情・金銭的事情なんて、
周囲の人からしたら知ったこっちゃないですよ。
それを隠さずに開示した、もっと違ったやり方を見つけて欲しいものです。
岩手医大に限らずですが。

おしまい

関連記事とスポンサーリンク

Sponsored Link

関連記事とスポンサーリンク

Sponsored Link
社会|時事
聖剣あじさいをフォローする
あじさい情報局

コメント