岸井謙典・上村洋平・江端光大らの手口!京都市祇園バーLUCE報道!

社会|時事

リアルウシジマくんなの?

 

京都市祇園のバーの報道。
女性に高額飲食させ性風俗店に262人を斡旋。

犯行グループは岸井謙典・上村洋平・江端光大らを含む、20人超の組織。
手口はどんなだった?
ツイッターは一部特定?

 

組織的犯罪というやつですか。
被害人数が人数だけに、なかなか衝撃的な事件。
(((;´д`)))


Sponsored Link


報道の概要

出典:https://www.mbs.jp/news/kansainews/20190116/GE000000000000026157.shtml

 

経営するバーに女性を誘い込み、飲食代金を支払えないと性風俗店に紹介し働かせたとして、京都府警生活保安課などは16日、職業安定法違反(有害業務紹介)の疑いで、京都・祇園でバーを経営する岸井謙典容疑者(24)=京都市下京区白楽天町=ら男4人を逮捕した。

同課によると、岸井容疑者らのグループは2017年10月~18年11月12日、大学生を含む延べ262人の女性を近畿圏の39軒の性風俗店に紹介。約7300万円を受け取っていたという。

他に逮捕されたのは、バー従業員の上村洋平(25)=同区五坊大宮町=、大学生の江端光大(22)=同市左京区岩倉三宅町=両容疑者と、同市の大学生(20)。同課によると、岸井容疑者は黙秘し、上村容疑者は容疑を否認、他2人は認めているという。

逮捕容疑は18年1月23日ごろに21歳の女性を、同年3月20日ごろに19歳の女性を、大阪市のデリヘルに紹介した疑い。

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/15882520/

 

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190117-00000032-jnn-soci

 

リアルウシジマくんという表現がしっくりきますよね。
262という人数のせいか、個人的に衝撃を感じます。
京都には、そういう負のイメージが全然なかったというのもあるかも。

 

最近は、何かと大学生が絡んだ騒動は多いですが、今回も然りです。
志の低い人間は大学に行かなくていいんですよ。
志低く大学へ行った僕が言えたことではないですが。

 

府警の説明では、男らは女性2人に街中で声をかけ、バーで数回飲食した代金として、それぞれ100万円近くを請求していた。
男らのグループは、同志社大や京都産業大など京都市内の6大学の学生ら約20人で構成。女性を性風俗店にあっせんすると、店の売上金の15%を得られる仕組みで、17年6月以降、計7300万円を得ていたという。

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/15882520/

 

京都市内の6大学というと、

  • 京都大
  • 同志社大
  • 立命館大
  • 京産大
  • 龍谷大
  • 京都外大
  • 京都産業大学
  • etc …

などが挙げられるんでしょうか?

 

店の売上金の15%を得られる仕組みで、計7300万円を得たということは、売上額は・・・約5億。

 

これって、人身売買だと思うんですが、悪いことをしているという感覚は麻痺してたんでしょうか?
グループを形成すると、そういう感覚は薄らぎがちですよね。
生来の悪党属性を持った者もいたんでしょうけど。
まあ、この若年組織には、さらにバックの組織が存在している可能性が非常に大きいのでは?と個人的には思ったり。

手口はデート商法?

実は、この事件に関係のありそうな報道が昨年にも出されてました。
関係がありそうというのは、今回の「祇園地区の会員制バーLUCEは雑居ビルの3階」ということですが、昨年の報道記事に出てくる飲食店も「祇園の雑居ビル3階の会員制バー」と表記されてます。

 

こんなん、大概関係あるでしょ

 

と思うかどうかはお任せします。

 

祇園の雑居ビル3階の会員制バー。20代前半の女性は2015年の冬、市内の有名私立大生だという“交際相手”の男性が働くこの店に通い始めた。毎週末、男性や他の店員に囲まれながら、朝まで飲食を続けた。男性に好かれたい一心で、10万円超の高級シャンパンを次々と注文した。料金が気がかりだったが「ツケでいい」と言われて安心した。2カ月後、未払いは約80万円に膨らんだ。

優しかった男性の態度が豹変(ひょうへん)した。「性風俗店で稼げばすぐに返せる。できなければ、親に肩代わりさせる」と迫られた。男性の上司を名乗る人物からも電話があり、勤務していた会社を辞めるよう脅された。16年2月、紹介された大阪のホテル派遣型ヘルス店で働き始めた。ツケの支払いのため、毎週約10万円をバーに持参した。

男性との出会いは、バー通いを始める1カ月前にさかのぼる。

「夜の仕事に興味はない?」。四条河原町を1人で歩いていた時に呼び止められた。何度も断ったが、最後は根負けし、連絡先を交換した。男性から連日、「食事しよう」「買い物に行こう」と連絡があった。誘いに応じるうち、好意を抱くようになった。男性にバーに誘われたのは、二人の関係が“交際”に発展した直後のことだった。

今春、男性の周囲に自分と同じ境遇の女性が複数いることを知人から聞き、目が覚めた。京都府警に被害を相談している。京都新聞の取材に、女性は「洗脳され、都合のいい女として利用されていた。人生を狂わされた」と声を震わせた。

滋賀県警は今月17日、スカウト集団のリーダーだった大阪府茨木市の男(27)を職業安定法違反(有害業務紹介)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は昨年3月、龍谷大4年生(23)ら2人と共謀し、大津市のソープランド店が売春させることを知りながら京都市内の女性(22)をあっせんした疑い。男は大学生ら10人近くとスカウト集団をつくり、繁華街で勧誘を繰り返していたとみられる。

出典:京都新聞 2018年07月23日

 

へー。
こんな感じなんですね。

単純な客引き行為を想像してましたけど、全然違いますね。
交際してから、バーに連れ込むとか。
女性の恋心に付け込んでいるんですね。

 

272人の女性を落としたことを考えると、ノウハウがあったんでしょう。

まあ、ノウハウなんて知的なものではなく、大概、個々や集団に脅されたり、弱みを握られたりといった悪質な手段が、基本にあったんだろうと想像してしまいますが。
交際云々というよりは、とにかく、バーに連れ込めばOKみたいなね。


Sponsored Link

なぜゆえに262人も?

そうはいっても、262人というのは、人数が多すぎだろうという気もします。

でも、だからこその悪質性とも言えそう。
それだけ、助けを求める行動に移れない事情があったんだろうと。
実際のとこは分かりませんが。

 

日本の性風俗店だと建前上は売春が行われていないので、売春防止法の斡旋等には該当しないし、もちろん直接的な性犯罪にも該当しないし、そこで職業安定法での逮捕となります。もし起訴まで進んだとして、法定刑は最高でも63条の罰則で、1年以上10年以下の懲役又は20万円以上300円以下の罰金ですかね。

有害業務の紹介は 自ら応募してきたもの以外に
有害業務を斡旋した罪 懲役1年以上10年未満
主に身内の借金のカタとして 売られていく娘さんを阻止するためのもの
本件は詐欺的に高額借金を負わせてから 有害業務を斡旋していることや 被害者の多さから求刑は余裕で満期10年となり 判決も10年が出る可能性がある

この容疑者の一人知ってる
何というか、やっぱりなという印象

昔水商売カジッてたから全部分かるけど、こんなの全国の繁華街でホストとスカウト(女衒屋)がやっている典型的なやり方だよ。類似犯罪の中の1つ。

これは警察も悪いけど、付き合っているようなフリをされるから取り締まりもし辛いよね、実際。

前に河原町の横道(新京極あたり)歩いたら人を伺う感じの10代~20前後の怪しいガキがたむろってて怖かったな
大阪と比べると京都はめちゃくちゃ怖いと思った

 

 

京都は修学旅行で行った以来で、また行きたいなと心から思いますが、怖いところもあるんだなということを覚えておきたい。
今回は女性が被害者ですが、男性が被害者となることもザラですからね。

 

あなたも気をつけられたし (‘A`)y-~

 

関連記事とスポンサーリンク

Sponsored Link

関連記事とスポンサーリンク

Sponsored Link
社会|時事
聖剣あじさいをフォローする
あじさい情報局

コメント