BTSのMステ出演見送り理由は国民感情がテレビ朝日を動かしたということか。あるんだね、こういうこと。

BTS(防弾少年団)がMステに出演するかどうかは
ちょっと気になっていました
矢先には徴用工問題における韓国最高裁の判決もありましたし、
過去にはBTSメンバーの不適切な着衣という因縁もありましたから。

しかし、それにしてもテレビ局が当初の決定を変更する
というのは、ちょっと意外だな、と個人的には思いました。
日本テレビに対する国内の批判がそうさせたのでしょうか?

まあ、この記事に人はあまり来ないと思うけど、
日本人として思うことでも書いておこうかな。


Sponsored Link


BTSのMステ出演見送り報道

明日11月9日(金)20:00から放送されるテレビ朝日系「ミュージックステーション」に出演が予定されていたBTS(防弾少年団)が、出演をキャンセルすることがアナウンスされた。
これは、メンバーが以前着用していたTシャツのデザインが日本で波紋を呼んでいると報道されたことを受けて決まったもの。番組サイドは着用の意図を尋ねるなど所属レコード会社と協議を進めてきたが、会社として総合的に判断した結果、出演を見送ることに決めたという。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000161-natalien-musi

ニュース元によって微妙に表現は違っていますが、
音楽ナタリーさんの記事では、
テレビ朝日とBTSの所属するユニバーサルミュージック合同会社との間で、
原爆Tシャツをテーマに見当が行われた旨が明確に記載されてますね。

出典:https://www.universal-music.co.jp/bts/news/2018-11-08/

ところで、話は少し変わりますが、
出演キャンセルの旨の報道が出たと同じような時刻に、
空港でBTS街をするファンの姿が写された記事なども出ていて、
え、このファンの人達スルー食らうの!?
なんて心配になりました。


出典:スポーツ報知

関連ツイッターを見ていると、どうもBTSは来日自体は
行う予定のようですね。(あくまで僕が見たところですが)
ファンの方々は無事にBTSを迎えることができればなと思います。

また、奇しくも、BTSのミュージックビデオに出演されていたタレントの方が、
同日に亡くなられたというニュースがありましたね。
何の縁か分かりませんが、
いずれにせよご冥福をお祈りしたいと思います。

テレビ朝日に寄せられた抗議の声

テレビ朝日には今回多くの抗議が届いていたものと思います。
ミュージックステーションの公式ツイッターを見ると、
2000~3000程度(もっと?)のコメントが書き込まれてました。


全部を見たわけではないですが、
僕が見た範囲では、当然というか、全てが抗議といった感じでした。
テレビ朝日に届いた抗議はツイッター以外でも、
電話などがあるでしょうから、
まあ局員の方も大変だったと思います。
だからこそ動いたんだろう、とも考えられますが。


Sponsored Link

さすがに国民感情をテレビ朝日も受け止めざるを得なかったか?

なんだろ。あまりテレビ局って、
国民の声に耳を傾けるイメージはなかったので、
今回もBTSは出演する可能性が高い気がしてましたね。
(まあ、逆に国民の声でテレビ局が右往左往するようなら、かなりヤバイと思いますが。)

また、僕が知らないだけでテレビ局が世間の声を柔軟に
消化しているケースもザラにあるのかもしれません。

そんなことを考えている内に思い至ったのが、
過去のフジテレビの騒動。
僕のテレビ局に対する印象も、
多分これによるところが大きいのではないかと思います。

2011年夏のフジテレビ騒動

テレビで韓国の番組が死ぬほど流れてたことが問題視されたという騒動ですね。

発端は、高岡蒼甫さんの
フジテレビの番組は韓国ネタばかり!
という主旨のツイート。
韓流ブームのど真ん中の時でしょうね。(多分)

当時の日本国内の識者の意見

長いので、全部読まなくて良いですよ?笑

■フジテレビジョンでは当時社長の豊田皓が定例記者会見で本事件に触れ「ツイッターは個人の意見だと思います。個別のご意見にコメントすることはないと思いますので、申し訳ないですがコメントしません」と述べた。

■フジテレビの広報部は「朝から晩までやっているわけではありません。ゴールデンタイムもすべて韓流ではなく、ほかの国のものもあります。私どもとしては、適正ではないかと思っています」と述べた。

■朝日新聞では、日本のテレビでもすっかりおなじみとなった韓流コンテンツがドラマに音楽に存在感を増す一方、一部で批判もあがり始め、外国では規制に向けた動きも出ているとする記事が掲載された。確かに韓国番組は増えており、7月の韓国ドラマの放送はフジテレビが約38時間で民放の中では最も多かったとし、近年は韓国を含む外国番組は衛星放送への移行が進み、地上波では減少傾向にあったが、2010年辺りからは増えているというNHK放送文化研究所の分析や、景気低迷などで広告費が減少し、制作費削減のためにも「自局で制作するより他国から安く買う方がいい。韓国ドラマは視聴率をそこそことる」という民放キー局関係者の話、「アジア各国に輸出しているが、文化的に近く市場規模も大きいことが日本進出につながっている」との韓国コンテンツ振興院の話を伝えた。~

■小田嶋隆(コラムニスト)は「フジテレビが売国勢力で、彼らの『韓流推し』が、陰謀だというお話には、まったく乗れない。あまりにもバカげている。」「フジテレビは、『少女時代』や『KARA』を不自然なほど強力にプッシュしている。それは事実だと思う。でも、彼らの韓国プッシュは、陰謀ではない。ただの商売だ。」と述べた。

■片山さつき(自民党所属参議院議員)はTwitterで「彼が提起し皆さんが共有する危機感に焦点を当て、攪乱勢力を排して行きましょう!」と述べた。

■高城剛(ハイパーメディアクリエーター)は自身のブログで「あらためて、テレビ利権およびそこにぶら下がる既得権益の芸能プロダクションの問題が問われる事になっている」「マスコミは、『スターダストプロモーション』社長を執拗なまでに追って真実を追究すべきである」と述べた。

■田母神俊雄はTwitterで「テレビで韓流ドラマが一日中流れていることに違和感があります。公共の電波を使って韓国の情報戦略に協力することは止めてもらいたい。しかし、どこからかカネでも出ているのかもしれません。」と述べた。

■中田宏(日本創新党代表幹事)はTwitterで「正論言ってるよね。ずっとそう思ってた。一体どこの国のテレビって感じ。」と述べた。

■中山成彬は自身のブログで「乗っ取られているテレビ界の内実を知って我慢ができなかったのでしょう。」と述べた。

■浜村淳(タレント)はMBSラジオの『ありがとう浜村淳です』で「もの凄い反発が来ていますね」「韓流映画とかね、K-POPとかね、KARAや少女時代がウケるのかよう考えてみいや。面白いからや。理屈も何もあったもんやない。よう出来ているからなんですよ」「言葉がきついのを通り越して無礼やないか」と述べた。

■ビートたけし(タレント、映画監督)は、東京スポーツ紙上で「韓流フジ批判する方がおかしい」として、フジテレビ騒動に言及し「ツイッターっていえば、高岡蒼甫ってのが韓流ばかり流すフジテレビを見ないって批判したって。韓流ばかり放送するったって、それである程度、視聴率取るんだからしょうがないよな。」「有料テレビなわけでもないし。いやなら見なきゃいいじゃねーかってだけだけどな。」「そもそも、フジテレビはこれまでもジャニーズばっかり出してたし、デモするほど騒ぐのはおかしいよ。」と指摘して、「オレだって昔、「テレビはツービートの漫才ばっかり流してる」って批判の投書がいっぱい来てたけど、今のツイッターの時代は本当に大変だな。」と述べた。

■ふかわりょう(お笑いタレント)はJ-WAVEの放送で、韓国政府から日本の「ある局」にお金が流れていたり、その「ある局」がK-POPの楽曲権利を握って意図的にK-POPを多く流していたりすることが事実であるならば、という「仮定」の話として、「影響力が凄い公共の電波を使って、一企業の私腹を肥やすようなやり方を推進するのは違反だと思う」「テレビは時代を映す物ではなくなったと思った。完全に終わったと思いました。」と述べた。
■一方、江川紹子(ジャーナリスト)はふかわりょうに対し、Twitterで「自分の経験を語って批判するのはいいけど、確認もせずに非難するのはいかがか。」と述べた。

■ますだおかだの増田英彦(お笑い芸人)は7月28日放送の関西テレビ「キキミミ!」にて「この発言で夫婦仲も寒流やね」「高岡蒼甫は交通事故に遭うんじゃないですか?」と発言し、視聴者から批判を受けた。

■山本太郎(俳優、衆議院議員、生活の党と山本太郎となかまたち代表)はTwitterで「韓国のエンタメは魅力的だからこそ視聴率が取れる。日本の製作者に対して、そこに頼らず、もっと自分たちで頑張って作っていきましょう!っ彼なりのメッセージと僕は受け取りました」と述べた。

■ロンドンブーツ1号2号の田村淳(お笑いタレント)はTwitterで「じゃあ見ないと言う選択で良くない? 何でも否定するのがカッコ良いスタンスは俺には理解できない」と述べた。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/2011%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%B8%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E9%A8%92%E5%8B%95

ああ、こんなことあったよね

という感じですよね。
当時も今回と同じく日本と韓国との間には、
政治的に相反する感情があったんですよね、たしか。
そうじゃなきゃ、こんな大事にもならなかったハズですからね。
フジテレビ前で、抗議デモまで行われてました。

まあ、何が言いたいのかというと、
過去の事案では、フジテレビは世間の声を受け入れませんでしたが、
今回のテレビ朝日は受け入れた、と。

その違いは何なのかといったら、今回、原爆がネタとして扱われたことなんでしょうね。
さすがに、これを軽々しく捉え、扱うのは普通じゃないと
個人的には思っていました。

なので、今回の件で、
テレビ局にも良識はある
ということが分かった気がして、
何だか安心した気持ちになりました。

関連記事⇒ 原爆ブルゾンBTSと国連憲章およびプロデューサー情報を読んでみた

おわりんこ

関連記事とスポンサーリンク

Sponsored Link

関連記事とスポンサーリンク

Sponsored Link
社会|政治
Milliard

聖剣あじさいをフォローする
Unlimited Hydrangea Works

コメント

トップへ戻る