岡口裁判官・分限裁判の証拠!企業公式ツイッター内容一覧のまとめ!

社会|時事

Twitterへの投稿に端を発した東京高裁の岡口基一裁判官への分限裁判は、
シャープタニタNHKなどの大企業の各社の公式アカウントにも「飛び火」した。
(headlines.yahoo.co.jp)

なになに。
上記の大企業が、ゆるい、くだけた内容・文面でのツイートを
出していることを証拠とするのね?
へえ。公式アカウントでも、くだけたツイートをしてるんだぁ。
どんな内容なのか見てみたいな!


Sponsored Link


岡口基一裁判官の分限裁判の経緯

岡口氏は実名のツイッターアカウントで2018年5月、
犬の返還をめぐる訴訟について報じるインターネット記事のURLを引用した上で
「え? あなた? この犬を捨てたんでしょ?」と投稿。
勝訴した元の飼い主が高裁に抗議。

林道晴高裁長官(東京高裁)が7月、「当事者の感情を傷つけた」として懲戒を申し立てをする

岡口氏は過去に、上半身裸の男性の画像などを投稿したりして厳重注意処分を受けている。

という大まかな流れ。
で、今現在は最高裁で審理中なのかな?
ちょっと全てを理解することは、時間や理解力の関係上、僕にとっては容易なことではないので
割愛させていただきますよ!

今回は岡口氏の弁護団が裁判所に提出したという各大企業のツイートだけを
まとめますね。
岡口氏側が提出するものなので、公務外での私的ツイートの是非を肯定するための
資料ということでしょう。多分ね!!

シャープ(SHARP)のツイート例

↑ヤフー記事で引用されてたやつ。

↑なに言ってんだぁ?こいつ、笑

というのは冗談ですが、確かにすっごいクダけたツイートを
連発してますね、笑

1日あたりで考えると、10は投稿(ツイート)してるんじゃないかと思います。
誕生日おめでとうツイートも多いですね。記録してる対象はすべて言ってるのかもしれません。
シャープ、今後も色々ファイト!

タニタのツイート例

↑ヤフー記事で引用されてたやつ。

腕毛!担当は男性?

 

ほのぼの(´C_` )

タニタはほのぼの系ですね!


Sponsored Link

NHKのツイート例

NHKは色んな部署や支局にたくさんのツイッターアカウントが
あります。

引用元:/www2.nhk.or.jp

ニュースで取り上げられてたのは、広報部のアカウントだったので、
そちらを眺めてみようかな~!

これがヤフーニュースで取り上げられていたユニークツイート!
しかし、2011年からやってるんだな~

担当者がストリップに行ったのかと思いきや、番宣でした。
番組ちょっと面白そう!

自分、永作博美さん好きなんすよ~

番宣多めですね。当たり前ですね。広報部ですから。

はあー。各企業ともにツイッターやってるんですねぇ。
企業のツイッターは基本的にチェックしないので、知りませんでしたよ!

そして、思ってた以上にクダけた内容だったので、
ついつい眺めてしまいました。

 

岡口裁判官の最高裁の結果はなかなかに気になりますね。
裁判ということで、一般人の僕からすると、
やっぱり情報量は多いんですけどね、笑。
趣旨はシンプルにも思えますけれど。

岡口裁判官側が言うところでは、「つぶやく自由に対する侵害」とのこと。
もちろん、裁判官という立場を離れた状況でのつぶやく自由。

また、東京高裁の岡口基一裁判官の分限裁判をめぐり、
弁護士ドットコムが緊急アンケートを実施したところでは、以下の結果が得られてるようです。
(回答数:326人)

Q1 岡口裁判官への懲戒申し立ては妥当と考えますか。

申し立ては妥当→27人(8.28%)
申し立ては妥当でない→284人(87.12%)
わからない・どちらとも言えない→15人(4.60%)

弁護士集団の意見ということで、なかなかに破壊力を感じます。笑

おしまい

関連記事とスポンサーリンク

Sponsored Link

関連記事とスポンサーリンク

Sponsored Link
社会|時事
聖剣あじさいをフォローする
あじさい情報局

コメント