那須川天心のKO敗北でRIZINに批判?ボクシングは危険で強い!

2018年12月31日 さいたまスーパーアリーナで行われたRIZIN.14。

那須川天心選手がフロイド・メイウェザーに負けましたね。
ちょっと試合時間が短すぎだし、かつ、凄惨な試合だったと思うんですよ。

これ、試合の妥当性?意義?などはどこにあるんでしょう?


Sponsored Link

那須川天心のKO敗北@RIZIN.14

言っても、僕は特段格闘技が好きということもなく、
今回の試合もそれほど熱意をもって注目していたわけではないんですよ。

(昔は極真空手をやってたんですけどね。茶帯1級まで行きましたが黒帯は取れませんでした。理由は黒帯目指して続けるモチベーションが湧かなかったといったところでしょうか。当時、極真の黒帯を傍でずっと眺めていましたが、あの破壊力を備えるまで自分の体を鍛え上げるイメージが湧かなかったですね。体がでかくならないんですよぉ!)

 

回想してしまいました。失礼しました。

 

えーっとなんだっけ?

そうそう、那須川天心・メイウェザー戦。
当初は、適当に盛り上がって妥当な帰着を見せるんだろうと想像していました。一方ではね。

まあ実際、そのような帰着とも言えるんだと思いますが(那須川天心1回2分19秒TKO負け)、観戦後は何となく嫌悪感が残った気がします。

そもそも、ボクシングを舐めていた?メイウェザーを舐めていた?

那須川選手は62.1キロ(165cm)
メイウェザーが66.7キロ(173cm)
思ってたより身長差がありますね。

試合の結果は上記した通りですが、変な話、那須川選手が勝つなんて結果も想像してましたよね。
だって、神童と言われていることもありますし、ボクシング技術に関しては、ボクシング関係者から見ても目を見張るものがあるなんて記事も事前に目にしてましたから。

 

それに、この程度の体重差なら、勝敗への影響もある程度抑えられるのでは?などと個人的に考えていました。
これはこの試合に限らず、ボクシングという競技全般に対する個人的な意見ということです。
那須川選手のパンチの破壊力はよく知りませんが、そもそもとして、パンチ力というものには「天性」という要素もあると思いますし、井上尚弥選手なんかを想像しては、多少の体重差などワンパンでねじ伏せちゃう天才がこの世にはいるんだろうな、と。
過去にあった曙選手やチェ・ホンマン選手、ボブ・サップ選手などの敗北もこの見方に影響しているかもしれません。

 

しかしながら、そういう、小が大を打ち負かすという劇的な要素は今回の試合には全くなかったということを、試合の結果を見て思いましたよね。

 

その理由はやはりボクシングという競技のグレードなのかなと思います。
細かく体重差で区切って階級をこしらえる必要がこの競技には絶対的にあった。

人を拳で倒すスキルに特化した競技。
勝つために無駄となる一切の要素を削ぎ落すかのようにトレーニングが積まれる競技。

 

ボクシング 恐るべし ・・・

 

僕はただの人なので、小が大を倒すという劇的な結果を夢見てもいいんですが、RIZINは今回の試合をどの程度の認識で企画したんだろうか?と考えてしまいます。

 

また、ボクシングという競技自体もさることながら、相手がメイウェザーだったっていうね。
僕なんかは、メイウェザーも近頃は目も、いよいよ$マークに固定され、ボクシング能力も下降気味な可能性もあるのか?なんて思わなくもなかったですが、RIZINはどう考えていたんだろう?

ボクシングという競技とメイウェザーの実績とを掛け合わせたら、那須川選手の勝機は限りなく薄かったんじゃないだろうか。
RIZINとしては、興行収入という点ではそりゃ一定の結果は残ったんでしょうけど、結果を見ると、企画すべき試合ではなかったように思いました。

どうでしょうか?


Sponsored Link

RIZINの榊原信行実行委員長の総括 と 僕の総括

RIZINの榊原信行実行委員長の総括によると、

「競技というものにヒモついた試合ではない。競技をやりたいなら他団体に任せればいい。海外では天心との対戦は無謀だと酷評されているが、今回天心とメイウェザーが向き合うのに、たまたまボクシングになっただけ。今回の件で何か天心にも気づきがあるはず。それを一緒にやっていきたい」と語った。

ただ、体重差やルールについては「もう少し、天心の方によったルールにすればよかった」と思いを口にした。
出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00433844-nksports-fight

まあ、失敗したと読んでいいのではないでしょうか。

一方で、ルール設定がどうこうという話ではないような気もします。
オーバーに言えば、メイウェザーが相手なら、鎧と槍で武装して初めて公平になる、といった感じでは?
でも、そんな試合は問題でしょう。絵的には面白いですけど、きっとメイウェザーの姿はリング上にはないでしょう(笑)

つまり、戦力差がそれほどあったということだと思います。

 

一点、この試合の意義が見出せる可能性があるとすれば、今後の那須川選手の格闘家人生がどのように光り輝くか、というところですよね。
すでに神童と言われてる才能ですが、さらに進化して、極めて稀な存在に今後大成してくれることを願いたいところです。

もっとも、不確定な未来の話なので、現状では今回の試合は失敗と思います。

メイウェザーは日本で会社やビジネスするって、一体何をやるのさ?
キッカケが何だったか覚えてないんですけど、 ツイッターでメイウェザーとパッキャオが絡んでる動画を 見たんですよ。日本に来てるんですね。 しばらく後に、ヤフーニュース見たら、めっちゃメイウェザーが 特集されてましてビックリした。 ...

おしまい

関連記事とスポンサーリンク

Sponsored Link

関連記事とスポンサーリンク

Sponsored Link
スポーツ|格闘技
Milliard

聖剣あじさいをフォローする
Unlimited Hydrangea Works

コメント

トップへ戻る